« 遠隔レコーディング!! | Main

ちょちょいとハンダ付け

最近、メインマシンのMacが熱暴走が激しくなってきたので、Macを買い換えました。

それに伴い,今まで使ってきたRMEのオーディオインターフェース(Firewire仕様)が使えなくなったので,
今後の事を考えてPresonusのUSB3.0のものに新調。

そうしたら、
 RME(ドイツ)の「何でも出来るからやりたいようにやってね」
 Presonus(USA)の「こう使えば便利でしょ!それでやってね」
というソフトの機能の狭さで、とってもイライラする。

これね、Logic(ドイツ発祥)とProTools(USA発祥)の差と同じ、に思います。
思想の違いを感じるのは私だけでしょうか。
頑なにProToolsを嫌ってLogicで頑張ってきたのもこの感覚が大きいです。

ま、今回は買っちゃったからしょうがない。このUSAインターフェースでなんとかしよう。

で、週末のレコーディングには安定した録音環境を間に合わせたい事情もあって、
実験・検証を進めているのですが,
どうも、機能制限の関係で,モニタースピーカーへの音量レベルを抑えないとダメなことが判明。

早速、機材屋さんのHPで音量を落とす機材を買おうと検索したりしてたんだけど、
・・・・・音量落とすだけなら,単純なアッテネーターで良くね???

と思いついて,ちょちょいとハンダ付け。

Att
手持ちの固定抵抗の組み合わせでパッシブアッテネータ出来るじゃん!
ケーブルのコネクタ内に内蔵出来るぐらいコンパクトですよ。
こんなのレコーディングエンジニアの基礎の基礎じゃん!

無事,数十円の部品代で目的達成出来ましたとさ。

|

« 遠隔レコーディング!! | Main

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50778/65407934

Listed below are links to weblogs that reference ちょちょいとハンダ付け:

« 遠隔レコーディング!! | Main