« ヘッドホンのパッドを新しく | Main | 今日もギターを改造しちゃうぞ »

ボリュームポットの進化。。。。?

Img_0684

久々に,ライブでエレキギターを弾くことになったので,楽器のメンテナンスを。

録音の時は,設定ごとに止められるので,特に気にはならないけど、
ライブだと演奏中に色々いじることになるので,ボリュームやスイッチのガリは気になります。

だいぶ、古い楽器なので,ジャック、ボリュームポット、5WAYスイッチを入れ換えちゃいました。
ジャックとスイッチはまあ大丈夫。

で、シンプルなものがいいな、と思って取り寄せた、FERNANDESの500kΩAポットでしたが、
いつの間にか,こんな製品もカスタマイズされていました。

そもそも、ボリュームポットって、
 0にしても若干音漏れする,
 10にしても、若干音ヤセする(規定の抵抗値しか抵抗が出ないため)、
というのが当たり前なわけです。

きっと、そう言うのを嫌うギタリストの要望なのでしょうけど,
これは、ポッド内部の導体を工夫してあって、
0付近だと、完全な無音に
10付近だと、音ヤセしない
という構造になっています。

若干の、スイッチ的機能が内蔵されてるわけです。
いやーー良く出来てますね!!!って褒めたいところですが、、、、

その、0付近,10付近に行く境界の所がね,滑らかで無くて,しかもノイズを発するんですよ。。。
(CTS社などは,これをきちんと宣伝している製品を作っていますが、同様のトラブル口コミも多いです)

これ、演奏の途中で全く動かさない人なら良いですけど、
「ボリューム」の役割を捨ててますよね。
ちょっと本末転倒な感じ。

無音時,フル時の音質などを重視したいの出あれば、
回路的には,別途ミュート/バイパススイッチをつけてしまえば良いわけです。

そもそもパッシブのギターなんて,Volumeポッド・Toneポッドの抵抗値,
そして初段のエフェクターに入るまでのケーブルの線間容量で
「高域がなまっていて当然」な回路であって,そこにピュアな内容を要求しなくても良いのになー、と思った次第。

・・・気持ちはわかりますけど。

というわけで,このお節介なボリュームは、ワタシの考え方には合わないようです。
楽器メーカーじゃ無くてフツーに秋葉原のパーツ屋に行くべきかなぁ。

というわけで、シンプルで安いものを買い直して,また後日ハンダゴテを握ることにしましょう。。。

|

« ヘッドホンのパッドを新しく | Main | 今日もギターを改造しちゃうぞ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50778/65032153

Listed below are links to weblogs that reference ボリュームポットの進化。。。。?:

« ヘッドホンのパッドを新しく | Main | 今日もギターを改造しちゃうぞ »