« February 2015 | Main | March 2017 »

ヘッドホンのパッドを新しく

ふと気付いたら、出張レコーディングで良く持ち歩いているヘッドホン、
SONY MDR-7506のイヤーパッドが、ぼろくなってきたので交換しようっと。
業務系の製品はちゃんとパーツだけ買えるのが嬉しいね。

Mdr7506

なんだかんだ、ヘッドホンのパッドは消耗品。ミュージシャンの方によっては化粧品が付いたりするから,
次に使用する方のためにアルコールで拭いたりもするので,案外劣化が早いのですな。

レコーディングで主に使用するヘッドホンの場合,どれだけ原音に忠実!?という観点もありますけど・・・・
実は、それ以外の視点を中心に使い分けています。

・密閉型or開放型
・密閉型の場合の遮音性能(クリック漏れとかも)
・特性がナチュラル系(全体象が見やすい)orハイ上がり系(演奏が強調されて良い場合も多し)
・ケーブルがカールコード(重いが自由)orストレート(良くつっかかる)

なんてことを総合的に判断しています。
とは言いつつ,AKG/SONYの密閉型と開放型をそれぞれ数個持っていればだいたい事足りる。
国内メーカーにも良いのがあるのでしょうが、補修パーツが手に入りにくい。。。
あと、適度に高価じゃないことも大事です。お仕事用としてはね。

僕は、普段はなるべく、耳に優しい開放型を使うようにしてます。

ヘッドホンに原音再生を求める気持ちも、とても理解してまして、
まあ、
  Sandal Audio / フラットな音色のヘッドホンとは?
こういうページを見るといろいろ沼にはまるのかも?と。
 ●このHPは,普段「フラットってなんやねん!?」
  という皆様の要求や概念と戦わなきゃいけない音楽エンジニアという立場的には,
  なかなか読み応えのある、好記事と思いましたですよ。

一点だけ、良く周りにお話しするのは、
「密閉型の,中高音がハッキリ聞こえるヘッドホンって,普段音楽を聴いたり,
 長時間アレンジをしたりするのに常用するのは、耳への負担が大きいから避けましょうね」
ということ(S社のスタジオヘッドホンとかね)。だいぶ早く、難聴が近づくと思います。

でも、このタイプのヘッドホンは,同室でドラムを叩いてる場合などの環境でも
中高域が多い分,ヘッドホンを通過する中低域との合成バランスで成り立つため、
明瞭度が高く現場では便利だったりします。だから、仕事用として正解な部分もあります。

まあ、たかがヘッドホンですが、こんなことを思って毎日使っておりますです。

| | TrackBack (0)

« February 2015 | Main | March 2017 »