« June 2013 | Main | August 2013 »

珍しくナレーション録り

今日は、ウチにしては珍しく「ナレーション録り」でした。
医療系の、マジメな映像作品です。

普段は基本的に音楽系の録音が多いのですけどね。

昔、実はTV番組の音効さん的なお仕事を頂いてた時期がありまして、
その頃にはよく、MAスタジオに行ってナレーション録りに同席していました。
なので、何が必要かは少し解っております(笑)
Narr_rec
ブースに、しゃべり出しのタイミングを知らせるCUEランプ。(USBライトで作った即席ですけど)
専門機材が無いので、エンジニアである私と同じ画面のミラーリングになっちゃいますが、
ブース内にタイムコードと映像が見れるようにディスプレイを。

周辺雑音が全く無いわけでは無いので、シビアなナレ録りには向きませんが、
BGMの多い作品ならなんとかなるかな。

久しぶりに録ってみて、やっぱり感じるのはナレーターさんの凄さ。

某大手の、シ○マ・セ○ン所属の若手女性ナレーターさんでしたが
そのプロフェッショナルなお仕事ぶりには頭が下がります。
尺への合わせ方、間、イントネーションの検討、日本語の言い回しなどの豊富な知識。
なにをとっても「すっごい」と思います。

効果音や映像の切り替わりに対しての、ホンの微妙な間で、
色々と伝わりやすさも変わってくるのですね。

そういえば、映像系の方々と一緒にMA作業すると、用語の違いが面白いです。
「ここのセリフ、上げて(下げて)ください」
と言われれば、音楽業界では音量のことですが、映像では
タイミングを早く(遅く)すること。。。久々に聞くと結構戸惑います。

なかなか大変な一日でしたが、久々の感覚で楽しかったかも。

| | TrackBack (0)

サブベースのメンテ

来月はKBBでフランス。

さてさて数年ぶりに、日頃使ってはいない、
海外用サブのベースをメンテに入りました。
ベースの弦は、私的には新しすぎると落ち着かない。
張ってから1−2ヶ月の状態がベストなので、この時期に張るのが良いかと。
Bass1
普段使っているメインの、warwickのthumb bassに、
なるべく似せるように改造したIbanezのSR3005E。
材質はブビンガとウェンジで一緒ですが、まるで音は違うのです。
そして、弾いた感触も違ったのですが、それは、実は木材の重みでした。
*ブビンガなど1990年代に手に入ったアフリカの良質な木材はなかなか手に入らず、
 2000年以降はかなり軽い粗悪な木材が流通しているという事情があります。

で、それを改善したのは
Bass3
1Kgの、真鍮板。これを、ブリッジからネジ続きで、ボディー裏にくっつけたら、
どっしりした良いサスティンを持つベースになったのです。。。
「結局、ある程度重けりゃいいじゃん」というのは実は物理的に正解ではないでしょうか?
私的には、コレで、メインのwarwickのベースと似た感触で弾くことが出来る。

両方とも、一般のBassより弦間が狭い16-17mmクラスなのが、
僕には大切なところ。(ふつうのベースが18-19mm。それだと全然弾けない。)
チョットだけ、warwickよりネックが薄いのは、Ibanezの特徴ですが、
それはそんなに気にならない。むしろ、実は早いフレーズは弾きやすかったりします。

だけど、こっちをメインにしないのはなぜだろう。。。
楽に弾けるのはこっちなのに、何か面白くない瞬間があるのかも。

あくまでこのベースはサブなので、なるべくwarwickに似せるようにしてあります。
出力レベルを合わせるのに、FETで組んだバッファー回路でレベル持ち上げて、
その前に、warwickのプリアンプの特性に合わせてHi落ちするように、
マイラのコンデンサを入れてみたり。

そして今回、メンテしてみたら、
何カ所か、フレットがビビるところが。。。
なので、軽くすりあわせを。
Bass2

気になるところの1つ上のフレットを紙やすりで少しだけ低くするだけで、
だいぶ改善するのですよ。って、普通怖くてやらないか(笑)。。。

海外ライブまであと1ヶ月、チョットずつ調整をしていこうと思います。

| | TrackBack (0)

豚ヒレ?

なぜか近所で見つけたイベリコ豚のヒレ肉。しかもベジョータ。
半額セールで下手な牛肉よりだいぶ安かった。
(までも、国産の豚ヒレよりは高いけど)
ヒレってなかなか手に入らない。見つけたの初めて。
Iberico
ソースはホントはヘーゼルナッツを使いたかったのが、アーモンドで代用。
すりつぶして、赤ワインと肉汁でペースト状に。

イベリコは入手先によっては変に獣臭がキツくて厳しいのも多いけど今回はOK。
うーん、豚、なんだけど、ローストビーフ?いややっぱり豚?という変な肉。
輸入豚なので、念のため多少高めの65℃で定温調理してから表面を焼きましたが、
ヒレだと軟らかい。

・・・って素直に牛の方が良いって話か?あれれ

| | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »