« December 2012 | Main | February 2013 »

こんな遊びをしませんでしたか?

Positionmark2_3

って、いつの時代だよ?ってぐらい、古い遊びですよね。
私もリアルタイムでしたこと無いです(笑)

というわけで、今日は自転車の後輪をバラします。
実は今日に向けて、何度もバラして、足りない部品を模索してたりと、
何度も作業ストップしてました。ですが、まさかスポークまで発注すると思わなかった...

Positionmark2_1

初のスポーク組み。ブレ取りは今までやってたけど、一からは初めてですよ。標準のJIS組。

Positionmark2_2_2
粗くヘッドを貼ったスポークを張った後は、チューニングじゃなくてブレ取り。縦と横の2軸があるので難しそうですが、
ドラムのチューニングと似てる。エレキギターのフロイドローズのチューニングに比べたら
対して難しくないぞw。

Positionmark2_3_2

そんなわけで、後輪スポークを丸ごとばらしての、実は「幼児車への三段変速」を装着完了。
子供の握力で握れるブレーキ、と考えて数年前に
Vブレーキ(MTBとかで使われます、軽くて効きの良いブレーキ)と言う条件で
探したら唯一、ルイガノのLGS-J20という自転車だったのですね。

それがだいぶ小さくなったので、買い換えを考えたのですが、ちょっと(幼児車にしては)お高い
自転車だったので、色々考えた結果、
上記の写真のように、ハンドルを純正では無くてクワハラ自転車のもっと前に設置できるタイプにしたり、
サドルのシートポストを長いのにしたり、と工夫してサイズを調整。
そして、周りの子は後輪ギヤの6段変速とかのですが、
あえて内装三段にしよう、と。
ぼくも学生時代に内装三段使って便利だったんですよ。
なにせ止まっていてもギヤチェンジできるし(超重要)。

と言うわけで、フレームサイズをハンドルの遠さとシートポストの長さで演出して、
この内装三段は気に入ってくれるだろうか?
気に入ってくれれば、もう買い換えないと!だった自転車が
あと三年ぐらい寿命が延びそうなんだけどねー

| | TrackBack (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »