« April 2009 | Main | June 2009 »

エコポイント?

って何がエコなんだろう。
液晶テレビとか、画面が大きくなるほどエコポイントが多いって、逆じゃないの?
画面が大きい=消費電力が大きい→エコじゃない
だよね。。。

| | TrackBack (0)

バカリャウ!自作!

自作バカリャウ!(塩干しダラ。バッカラ(イタリア)、バカラオ(スペイン))

ポルトガルでの料理教室を受けてから、バカリャウ料理を作りたかったんだけど、
日本じゃなかなか手に入らない。
(一部業者が、400gで2000円ちかく、という高級品で入れているという情報は見つけた)

要は、塩漬けの、カチカチなタラです。
日本にも、「すきみだら」とかあるし、韓国料理用でもあるらしいんだけど、
干しが天日系で、似たようなふくよかな感じに戻りそうにない。。。

ポルトガルの教室では、「アジの干物とかでも美味いよ」と言っていた。
確かにそう。きっとね。
生の鱈とか、甘塩の鱈の切り身で作っているレシピもWebではよく見る。
たぶんホッケとか、若干味が違ってもきっと美味しいよね。
あくまで「似た」料理が出来上がるはず。
(たぶん、それも美味しい正解だ!)

でも、だからこそ!
日本に着いてから、最初は、なるべく同じ食材できちんと再現したい!
のです。

僕の変なポリシーなんだけど、海外各地のレシピを日本で作る場合、
まずはなるべく、「その現地の食材と調理法」をきちんと勉強して、地の味を知ることが重要。
その上で、好みや手に入りやすい食材などにコンバートしてから、
自分のレシピにすることを心がけています。

「手に入りにくいから」「簡単だから」と言うような理由で、
本当のその地方の伝統のレシピを知らないままに、簡易で「情報の欠落した」レシピを
作ってしまうのは、その料理の本質も伝統も、そして「なぜそう作るのか!」という
重要な情報を捨ててしまう。
そうすると、料理の腕は上がらないし、
食文化に対する経験は積み重ねていけない、と思うのです。

だから、「創作西欧料理の居酒屋」とか、キライ。
ホントに、きちんと各国のベースを知った上でのそう言うお店は良いけど、
ショートカットから入って、意味のわからない料理ばっかりのことが多い。

そして今のスーパーには簡単なインスタント食品があふれていて、
正直、主婦の何割が、魚を捌いたり、
きちんと昆布や鰹でダシをとったことがあるのかな?と。

いろいろ原点をわかった上で、日々の料理のためにショートカットとして
出来あいの(でもおいしい)「ダシの顆粒」とか「スープの素」みたいな
省略形の材料を使うのは良いと思います。

だけど、原点を知らずに使うのは僕は納得がいかない。


で、まずはバカリャウ。無いものはきちんと作る!

さすがにセイヨウダラは手に入らないけど、
新鮮なマダラの切り身を買ってきて、塩漬けにすることからやってみました。
(冬だと真鱈丸ごとが市場で手にはいるのですが、今は近所では無理ですね。
 来年の冬には丸ごとを捌いてヤルぞ!)

まず粗塩をガンガンまぶして、初日は冷蔵庫で水出し。
(塩分が身に入るまでは鮮度落ちの心配があるので冷蔵庫です)
そのあと、3日、扇風機の風を1日数時間ずつ当てたら、
結構カチカチになりました。
さすがタラ。もう無いかな?と思っても、翌日にはさらに水分が抜けていく。
Bacalhau

うわー似てる!(笑)、ポルトガルの街にいっぱいあった、
商店に山積みのバカリャウに、かなり似てるよ。
もうすぐ人を殴れそうな堅さだよ!
切り身だけど。
きっと、これだったら、生のタラと違った、あの一度塩蔵で干した、
味の濃さと繊維のモチモチ感が再現できそう!

さて、きちんと作れてるか、しばらくしたら今度は実践ですね。
来週、時間が出来たら、習ったバカリャウ料理を作るぞ!

・・・・それができたら、ホッケとかを試します。もちろん。
そこからはウチのアレンジバージョン。

| | TrackBack (0)

マシシユルーム

さて、そろそろ、
ヨーロッパで食べた料理の再現開始。

Img_0386
マドリッドの「マシシユルーム」もどき。
ビネガー+塩コショウ、生ハム、イタリアンパセリ、にんにく、オイル。

うーん、思ったよりもマドリッドではビネガー効いてたのね。
熱で酸味飛ぶから、結構多めでも良いんだな。

マドリッドでも見てたように、じっくり焼けば下火でも行けるね。
フライパンでも作れそうです。

Img_0387

タパスメニュー、シコ(カタクチ)イワシの酢付け。
今日はたまたま、朝網の超新鮮なシコイワシが手に入った。12尾で105円!
なのでこちらのタパス。
ただし、同じレシピでイタリアンを知っている僕の料理なので、
たぶん内容的にスペインじゃなくイタリアンか?

Img_0388

残り6尾は、北イタリアでの良くある料理、イワシのフリットのタマネギマリネ。
うーん、イタリアベースから離れられない。。

今日の発見。
「イタリアンパセリの花、うまーい!」
(ベランダのプランターで育ちすぎたので収穫)
花の香りと、微妙な甘み、そしてパセリの香り。。
食材として浸透してないけど、これ、アリなんじゃないか?
たぶん自分で育てて、なおかつ栽培期間が長くないと食えない(笑)

| | TrackBack (0)

ヨーロッパ日記更新完了!&HDDクラッシュ

いや〜、帰国して翌日にいきなりメインマシンのHDDが「カラカラ〜」って言って、
クラッシュしたために出国前近辺のいくらかデータが無くなって焦りましたが。。。
(仕事関係のデータはバックアップで復旧)

http://d-sound.ddo.jp/%7Edani/2009/index.html
ツアー日記更新完了!
お暇なときにどうぞ。
ただの観光&食い道楽日記になってしまった(笑)

| | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »