« September 2006 | Main | November 2006 »

リフレット

Refret0


Refret1

最近メインにしていたギターが家庭内事故(笑)によって、
フレットに致命的なキズがついて弾けなくなってしまった。
このままではアレンジ仕事とかも出来ないので、思い切ってフレット交換に挑戦。

いや〜、緻密な作業でコリャ難しい。普通に頼むと3〜4万円するのもよくわかります。
で、今回、四苦八苦しながらJimダンロップの6105(高めでちょっと狭め)にしてみました。

数時間ずつ3日かけて作業したのですがヤスリ作業とかで腕はバリバリ筋肉痛(笑)。


新品と言っても場所によっては、すりあわせの時点で結構削ったりするのですが
結果、「きちんと弾けるようになりました」!新しいフレットは気持ちよいですね。

でもとっても大変な作業で、失敗率も高い作業だと判ったので次回は専門の人に頼むかも。。。

| | TrackBack (0)

ZoomのエフェクターをVolumeペダルにしちゃおう

ずっと以前から思っていました。
「一定の基準ボリュームがキープできて、ライブの最中などに、ちょっと大きく(小さく)とかが
 簡単にできるボリュームペダル」
と言うのが欲しい、と。。。
KORGのボリュームペダルとか、「ターボ機能(笑)」があるんだけど、踏んでなくちゃいけないしね。

ベースを弾くときは指先でコントロールできるので別にいらないんですけど、
ギターの場合歪みモノの時に手元で音量をコントロールできないんです。
で、足下で操作するとして、いくら高級でごっついボリュームペダルを
使っていても微妙に不自由なのですよ(気を遣いすぎるのよ)。

例えば基準は80%、ちょっと小さいと思ったら+5%とかできるペダル、ってあったら買うなあ、と思っていました。
微妙な操作加減を要求される、ペダル方式ではなくて、
 ・一つボタンを踏むと3dBアップ、逆のボタンを踏むと-3dBみたいな・・・
と言うか、あまりに欲しいので、回路組んで作って売っちまおう、なんて商売まで考えてました(笑)

ところが今日、「!」と思いついてしまった。
Zoomの、G2やB2,A2などのエフェクターを、エフェクターを全てOFFにして、
ボリュームを0から好みの段階に10段階ぐらいパッチを組めば、それで良いのでは?
要は、これらのエフェクターを単純にボリュームペダルの代わりに使うのです。
(ペダル奏法なんかの持続的変化が欲しい人は本来のペダルを使いましょうね。)

例えば、いつもの基準をプログラム8にしておいて、ちょっと大きく欲しいときは「ポチ」と9にしたり、
「ちょっと小さく」だと7にしたり、そういうことが非常に簡単にできそう。
しかも、レベルがプリセットできてるから、アナログなペダルと違って、
リハと本番で音量が違うとかそういうことも非常に簡単に解決できますね。

こいつら優秀なことにレーテンシーも少ないし、なんだかバッチリではないでしょうか?
しかも、そんなエフェクターを開発して売るよりも、明らかに安いんですよ。
と言うか、きちんとしたボリュームペダル買うより安いし!
もしかしたら最近発売になったG1,B1なんかでもできるんじゃないかしらん?
しかもボリューム機能だけだったら、GでもBでもAでも関係ないし(笑)。共通で使える。。。

このアイデア、ギタリストに超お勧めなんですけど。。。。みんな、どう(笑)?


・・・・一緒にbandやってるギタリストさん(若干数名(笑))には特にオススメ。。。

| | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »