« December 2005 | Main | March 2006 »

車検4往復

今日はウチのスーパーカー(笑)の車検でした。

三鷹のオートバックスで今回はやる事にしたのですが、
1.予約しに行くと「前検査をまず予約してください」
2.というわけで1週間後に前検査
3.んで、今日は車検
してみて、帰ってきてみたら、スタッドレスタイヤに履き替えたはずなのに
レギュラータイヤがくっついていた!ので
4.来週タイヤの再履き替え

うーん、たかが車検で4回も行く事になるとは。。。。
自分で検査場に持っていってユーザー車検したらよかったかなぁ?
(初回と2回目の車検は自分で通した)
そしたら一日で済むもんなぁ。

検査場はお役所仕事で、
書類を揃えたりするのもとてもわかりにくいし、
検査官のおじちゃん達はすごく無愛想で、
しかも「素人がくるんじゃねーよ!」みたいな態度をあからさまにするのがイヤで、
笑顔で対応してくれるオートバックスにしたんだけど。。。
(それで2万円ぐらいの車検料ならいいや、と思ってた)

笑顔なのは良いけど4日間も車検にスケジュールを奪われると
どっちが良いのかわかんなくなってきました。むむー。

| | TrackBack (0)

イタイ・・・

寝る前にコンタクトレンズを外してからうろついてたら
部屋のドアに激突しました。(かなりの近眼なので)

おでこの辺りを打って「あいたたた」と思ってそのまま寝ようかと思っていたら、
顔をさわったら「ぬるっ」って。。。あちゃー、切れてるやんけ。。。

あいたたた。
itai

とりあえず止血効果のあるアルギン酸塩の絆創膏を貼って止血。
血が止まったらハイドロコロイドにしようかなぁ。。。でも眉毛全部抜けそうだよな(笑)

| | TrackBack (0)

腹が立つマスコミ!

・・・・というタイトルでかなり真剣なBlogを書いたのだがちょっと過激な文章を書いて、
一度web上でアップしたのだが危険かな、と判断して削除しました。

http://www.d-sound.jp/????????.txt

で、テキストエンコーディングをShitJISで読んで下さい。
コメントはメールでどうぞ。

++++++++
ということで知り合いで読みたい人はもう読んだかな、と思って完全削除しました。

| | TrackBack (0)

雪のあとの夜景

本日はKBBライブat初台Doorsでした。
雪の中、本当にたくさんのお客様にご来場頂きました。ありがとうございます。

そんなライブからの帰り道、
ものすごい夜景がキレイなのに気づきました。
雪が降ったあとで空気がものすごい澄んでいて、全ての街灯がくっきり見えます。

ちょうど最寄り駅から家に帰る途中に、新しいマンション街があります。
最近建ったせいか、マンションの廊下全ての明かりと、
そしてその隣の道路の明かり、全てが、いわゆる蛍光灯の青白い光ではなくて、
黄色い、あたたかい色の電球が使われています。

もうここに3年以上住んでいるのですが、
その300mぐらいの区間の夜景が、とても幻想的な事に初めて気づきました。
まるでヨーロッパの夜景の様で。。。。
雪って不思議に暖かいので、ベースを背負いながらしばし呆然としていました。

僕は実は蛍光灯の色が嫌いで、
家の中の明かりはほぼ全て白熱灯です(電気代かかるんですけどね)。
特にハロゲンの暖かくて優しい色はほっとします。
あまりそういう家はまだ少ないみたいで、
住んでいるマンションでも、夜に外から見ると「ウチだけ黄色(笑)」。
近所の大きなマンションを見てもそういう家は1割ぐらいでしょうか・・・

家の明かり、暖かい光にすると毎晩のお酒が美味しくなるかも。

| | TrackBack (0)

包丁を研いでみる

一部の知り合いはご存じだろうけど、実は私は無類の料理好きです。
で、しかも包丁は「切れないといやだ(と言うか危ない)」と思っていまして、
毎日の様に素人ながら砥石で包丁研ぎはしていたのですが、
最近、「これって素人の研ぎ方で実はだめなんじゃあ?」と思って居たところ、
「ランスキーシャープナー」というすごい包丁研ぎ(どっちかというとアウトドア用のナイフとかを
研ぐ人に人気らしいが)を見つけまして、早速買って試してみました。

(たぶんランスキーシャープナーを国内で一番安く売っているWeb上のページ)
http://www.rakuten.co.jp/nzshinkai/233049/251345/

ここで
ランスキーシャープナースタンダード 
120番 荒砥石 - 280番 中砥 - 600番 仕上砥石
と、替砥石ハードアーカンサス(さらに仕上用←料理用だと600バンよりも細かいのが
欲しくなると言うのは経験則なので)、
研ぐときに便利な様にスーパーCクランプを購入して、
早速、自分用の小さな包丁を研いだら。。。。

「うわっ。凄一!」

どうもナイフマニア(笑)の人たちには常識らしいですが、
一般的に売っている包丁などは「適当にソコソコの」刃をつけているだけで、
ちゃんと研ぐと、新品の数倍の切れ味を発揮するとの事です。

ナイフの用途によって、研ぎの繊細さ(研ぎ角度)を選べるのもこのシャープナーの良いところ。
あまりに嬉しくなって、今日は家中の包丁や、テーブル用のナイフを5本も研いでしまいました。
(通常の包丁は20度、繊細な料理用の包丁は17度、テーブル用のナイフは25度で研ぎましたが、
 どれもティッシュの20枚重ねがすぱっと切れるぐらいの切れ味になります)

うーん、包丁研ぎって楽しい!
なんだかね、楽器弾いてるときの様な職人的楽しさというか。。。。

| | TrackBack (0)

interpose+ライブ終了

今日はinterpose+のライブ@秋葉原DressTOKYOでした。
細かくはともかく、やっとバンドになじんで、勢いの出たライブだったかと。。。
レコ発以降、ドタバタなバンド状態な感じでしたがやっと「ライブらしいライブ」だった気がします。
ご来場の皆様、ありがとうございました。

メキシコに向けてあと1ヶ月ちょっと、さらなる追い込みをがんばりましょう〜&
インフルエンザの予防接種も今更ですが、
メキシコにはまだ間に合いますので忘れずに(笑)>メンバーの皆さん

というわけで今週は僕はKBBモードに切り替わります。
1/21はブリブリ弾きますよ〜。

| | TrackBack (0)

海外渡航用Bassのケース

今年は3月にinterpose+のゲストでBajaProg(Mexico)に、
6月にKBBでNearFest(USA)に出場、と2回も北米へベースを持っていく予定がある。

それで、今年はベースをどうやって持っていこうか非常に悩んでいた。

なぜ悩むかと言うと、北米行きの国際線は例のテロ以降、基本的にベースなどの
大きな楽器をソフトケースで機内持ち込みは難しくなったし、
預け入れする場合もじつはサイズが3辺の合計が158cm以内という制限があるのだ。
通常のベースのハードケースは3辺を合計すると180〜190cmになってしまう。

空港の担当係員が優しい人だと多少サイズが大きくても許してくれる場合もあるらしいが、
運が悪いとかなりの追加運賃を取られてしまう。
(座席料金の約半額→ディスカウントで手配している運賃の約一人分。4〜5万円)
それはなんとしても避けたいので、
一昨年のメキシコ行きの時は、
メインのwawickベースはスルーネックなのであきらめて、
ボルトオンのベースを購入してバラして、
http://www.d-sound.jp/D-Sound/OldDialy/Diary0402.html
の様にギターケースを改造して持っていたが、帰りの便でケースが破損してしまった。。。

と言うわけで、今年は同じ問題にぶつかり、Webをさまよったり、
「でっかいスーツケースなら入るかな?」とお店でサイズを調べたりと約2ヶ月。
実際には90リットルのスーツケースなら入りそうなんだけどあまりにでかくて・・・
「旅行は荷物最小限!」のポリシーな私には最大ケースのスーツケースなど許せなかった。
(2週間のヨーロッパ旅行でも小さなリュック一つでOK)

楽器関係のケースでは、もちろん「ベースのネックを外して運ぶ」なんてことは
誰も考えてないので、良いサイズのケースは見つからない。
ネックの長さだけでも実は約90cmもあり、それが入るけどそんなに大きくないケースは
かなり難しいのである。
で、さんざん調べつくして、やっとぴったしなケースを発見!
http://www.protexshop.com/japanese/protexshop/ps_outlet/outlet_fp80/fp80.html
スーツケースと同じ構造で縦長!
内寸を測ってみると
basscase
おお、入るじゃないか!しかもアウトレットで安くなってるし。
というわけで速攻注文!

実はこのケース、アーチェリーなどのスポーツ用のケースで、
かなりレアなケースみたい。
(アーチェリー関係のカタログから調べまくって見つけた)

これで今後の海外渡航はバッチリ!

というわけで明日というか今日は、既にメキシコ仕様でそのベースでブリブリと弾いている
interpose+のライブ@秋葉原DressTOKYOです。
海外遠征前の壮行ライブですのでメンバーも気合い入っています。がんばるぞ〜。

| | TrackBack (0)

ベルギービール

昨日マスタリングだったASHADAの妙さんから、
ベルギービールを頂いたので今日はベルギー料理にチャレンジしてみた。
・アンディーブ(チコリ)のブレゼ
  チコリをバター、砂糖、白ワインなどで蒸し煮にしたもの
・鶏肉のビール煮、ニンジンのグラッセベルギー風添え
  鶏肉をいろんな野菜と共にビールで煮た料理。本当はベルギービールで
  煮込むのだがもったいないのでオーストラリアの黒ビールで代用
その他にも2皿ほど作ったのだがそれはベルギーとあまり関係ないおつまみなので割愛(笑)。

ベルギー料理って砂糖が入るレシピが多くて、???と思ったんだけど、
頂いたビール3種類を飲んで納得。
どの麦酒も「何となくフルーティー」なイメージがあるので、甘い料理と相性良いのね。
・ヒューガルデン ホワイト→ちょっとフルーティーなピルスナーに近いタイプかな。
・ベルビューフランボワーズ→木イチゴ果汁を入れて醗酵してる。
     想像してたほどは甘くなかった。ロゼシャンパンに近い。
・デュベル→色はそうでもないのに味も香りも濃いですなぁ〜。コリャうまい!

ベルビューは食事中でも勿論美味しいですが、デザートに合わせるのもOKな感じ。

そういえばベルギービールってメーカーごとに専用グラスを売ってたりして
楽しいですよね(香り重視なのでワイングラスみたいな形が多い)。
さすがに専用グラスは持っていなかったので、今日は大きめのワイングラスで代用しました。

濃いビール大好きなんですが、ベルギーは今までシメイぐらいしか
飲んだ事無かったのでとても嬉しかったです。大感謝!>妙さん

| | TrackBack (0)

年末MUSICバトン2005

やっと年末年始のバタバタから解放されつつあるのでblogも更新しようと思ったら書きたい事が一杯。
今日は某バンドの半年以上かかった濃いRecの最終日だったし、他にも色々。。。
で、まず今日書こうかな、は、
ただいまサポートメンバーとして参加しているinterpose+のドラマー、佐藤カツさんから
バトンをもらったのに年を越してしまったので「旧年中MUSICバトン」。

☆2005もっとも聴いたALBUM5枚 (新旧問わず)
すいません、ALBUM一枚も買っていません(笑)。
でもお仕事柄いっぱい何十回も聞いたヘビロテはとりあえず4枚分。
KBB/Live2004
interpose+/interpose+
キキオン+リズマ・クノムバス/Live
ASHADA/タイトル未定
濃いなぁ。

☆2005のMY BEST TUNE5曲 (新旧問わず)
・・・・即答不能。
この質問はリスナーの観点なので僕には回答が難しい。

☆2005のBEST LIVE (いくつでも)
・ポセイドンフェスのASTURIAS。
・生で見れずにMixしただけだけどキキオン+リズマクノムバスのライブ
 (ポセイドンフェスで見たのも良かったけど、Mixした分思い入れが強いのは
  DVD収録のライブの方)
・KBBのライブ(自分で言うのは。。。でもLiveやってて楽しい領域に入ってきました)

☆今一番観たいLIVE (いくつでも&故人でも可)
う〜ん、わからない(笑)。

☆NEW ALBUMが待たれるARTIST
KBB(おい(笑))
Plug+Daisy
その他ウチで関わって頂いているバンドさん全て。
mixだけでもmasteringだけでもとっても楽しみにしています。

☆あなたが入りたいと思うBANDは?そしてパートは?
ベース→いくらでも
ギター→そろそろいろいろやりたい

・・・・その他に、今までやった事無い楽器で全く違うジャンルの演奏に参加してみたいという
 気持ちもある。新しい楽器にチャレンジする楽しみも含めて。。。

☆好きなARTISTを集めてBANDを作ってください。
え〜、身近な人中心になりすぎて濃すぎだから公表しません。
(自分がそのバンドにプレイヤーとして参加したいと言う視点で見るから
 この質問が成立しない。。。)

☆神様が3つだけ好きなBANDを再結成させる事ができる権利を与えてくれました。どのBANDを復活させますか?
いらない。。。自分で新しいバンド組むか参加して面白い音楽をやりたい。。
(あ〜、このバトンには不向きな私(笑))

☆宗次郎とケニー・G、3日間ぶっとおしで聴かなければいけないとしたらどっちを選びますか?そしてその理由は?
ケニーGだろうか。。。。でもどっちでもいいや。

☆好きなクリスマスソングを一曲
も〜うい〜くつね〜る〜と、ク〜リ〜ス〜マ〜ス〜。

・・・ごめんなさい

☆このバトンをこの3人に
う〜ん、リスナー系のヒトは持っていくと楽しいと思うのですが。。。
私がそうじゃないので指名しません。

| | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | March 2006 »