« June 2005 | Main | August 2005 »

出た出たMacMini&iBook Newモデル

とうとう新機種でましたね。>midoriさん。
iBookは是非ビックカメラで3年補償をつけましょう。
ウチはMacMini買おうかな・・・

| | TrackBack (0)

KBBライブでした〜

いや〜、弾いた弾いた。弾きすぎだコリャ。
たくさん運動して酸欠でした。
でも、カーボローディングとカフェインローディングとカレー(笑→カレーパンだけどね)の
おかげでなかなか良い感じのハイテンションでした。

かなりはじけたライブだったかもです。
ご来場下さった皆さんありがとうございました。
楽しんで頂けたのでしょうか?

KBBは秋にはライブアルバム発売、
10/30に四谷でライブ、
フィンランド(だっけ?)のオムニバスに参加予定、
来年6月にアメリカで開催されるNEARFestに参戦、
そのころに3rdスタジオアルバム、といろいろ目白押しの予定です。
さて〜、がんばるぞ〜。まずは体力作りからだ(笑)。

| | TrackBack (1)

さて、日曜はKBBのライブだ!

いやはや、とうとう迫ってきたKBBライブ。
気に入った弦も見つかったし、
楽器の状態もこの日に向けていろんな調整をしてきたので
やることはやった、と言う感じ。
とはいっても明日は最終リハなので、そこで色々チェックせねば。。。
KBBのライブはすごく体力を使うので、
今週後半はカーボローディングもしてるし(要はパスタの回数を増やしているだけだけど)、
当日イイ演奏が出来ると良いなぁ。

そういえば、ここ最近のライブでは本番前にカレーを食べる事が多い。
いっぱい食べるとお腹いっぱいになるのでちょっとだけだけど。
スパイスのきいたカレーを食べると脳内の血流量が上がるという噂があって、
確かにカレー食べた後のリハとか、結構演奏に集中出来たり、
余裕が出来て新しいこと出来たりするんだよね。。。タダの思いこみかも知れないけど。

結構ライブやる演奏者って本番前のジンクス、というか自分なりの
集中する方法があって、人それぞれで面白い。
KBBの某氏は必ずアリナミンVを飲んでるし(笑)。。。

なんか聞くところによるとカフェインローディングというのもあるそうだ。
本番前数日間、カフェインを摂らないようにして、本番の2時間前ぐらいに
カフェインを摂ると適度な興奮と筋肉内の代謝が良くなるらしい。
でも利尿作用で本番中にトイレ行きたくなったらどうしよう(笑)。

| | TrackBack (0)

なんかすごい弦かも

昨日張り替えたKenSmithの弦で、今日はやっと小一時間、
いろんな曲を弾いてみる時間がとれた。
そしたら、なんかすごい。。。
たぶん3〜5弦の低音弦が他の弦と違ってテーパードなため
反応がとても良いのと、テンションが強いからだと思うんだけど、
とにかくアタックの感じが気持ちいい。
と言うか、リズムが今までよりもものすごいシビアに出てくる。
「自分がちゃんとはじいた瞬間に弦が鳴る」
と言う感じなので、シビアと言っても難しくなるのではなくて、
思ったタイミングで弦が鳴る。
なんだか、急に上手くなったような錯覚に陥るぐらい、
弾いていて気持ちいい。。。
ちょっとこの感触は今までに味わったことがないぞ!

はっきり言ってブリッジの調整はとてもめんどくさいが
ベーシストにはおすすめの弦かも。
(弦高調整をまずしてからオクターブ調整がかなり違うので
 調整好きの人にしかお勧めできないのですが)

後、問題は手に入る楽器屋が少ないこと。
(またレアものを選んでしまった・・・・がっくり)
とりあえず新宿のロックインでは売ってます。

| | TrackBack (0)

ベース弦決まったか?

いやはや高いっすね、ベース弦は。
5弦だと安くても1セット3千円前後、高いと5千円近く・・・。
微妙な差だけどでも色々試してみたくなる。でも高い、というわけで
予測で試しに買ってみた順番に良くなったので(多分にプラシーボの可能性はあるが)、
やっと弦が決まりそうです。

で、試した弦の特徴&サンプル試聴も載せたりして。
(ココ読んでくれているBassisっているっけ?(笑)→あ、midoriさんはそうだ)

全て045-130(045,065,085,105,130)のゲージです。

1.D'addario EXL165
EXL

試聴音源mp3「DaddarioEXL165.mp3」をダウンロード

D'addarioの標準ラインナップ、には045-130は無いので、
4弦用の045-105に130をバラ弦で購入してテスト。

前回、PROSTEELSから代えて思った最大の理由
「基音が小さい(ボトムが薄い)=中域が良く出てくる」
という印象の通り、中音域の充実度はある。ただ、その分、ずっしり感がない。
warwickが中域が良く出る構造なので強調されてしまうのかな。
と考えると一般ベースではバランス良いのかも。
いろんな点を考えても平均点な弦だと思う。←素晴らしいことでしょう

2.D'addario PROSTEELS

prosteel

試聴音源mp3「ProSteels.mp3」をダウンロード


これが試聴mp3を聞いてスグに「アレ、なんか違う」と判るぐらい、
ハッキリと違いのあるサウンド。
とにかく、ドンシャリです。中域が薄い代わりに高域と低域が凄い存在感。
但し、ニッケルの普通の弦よりもかなり「ガジガジ」していて弾きづらい。
A弦(3弦)のオクターブチューニングがだいぶEXLと違う。

3.RotoSound

roto

試聴音源mp3「RotoSoundRS665LDN.mp3」をダウンロード

D'addarioよりも2〜3dB出力が小さい。
だが、それを差し引いても(だってベーアンのボリュームちょっと上げればいいじゃん)意外と
しっかりしていて低域の基音が良く聞こえるサウンド。
タダ、3〜5弦のテンションが弱め。柔らかい弦の感じがする。
(EXLと似た具合だが)

4.Ken Smith Burners Nickel Tapered Core

ken

試聴音源mp3「KenSmithBurners.mp3」をダウンロード

ちょっと今日がんばって張り替えたら気に入ってしまった。
サウンドの感じはRotoサウンドとPROSTEELの中間。
バランスがよく、低域の割合も良い。
それと指ではじいてからの弦のレスポンスが速い気がする。
そして、それでもPROSTEELみたいに弾きにくいザラザラ感触は無い。

D'addarioよりは1〜2dB出力は小さいが問題にはならないと思う。

そして、何より気に入ったのが、他の弦に比べて1〜5弦のテンションが似ていること。
3〜5弦は他のメーカーはふにゃふにゃなのに、この弦はしっかり剛性がある。

弱点→2〜5弦がテーパードなので、今までと違った弦高調整の必要がある。
オクターブチューニングが他の弦とだいぶ違う。
(日常的に「へいっ!」とオクターブチューニングをイジル人なら問題ないですが、
 そうじゃない人が買うとはまりそうです。)
高い!(4000円前後)

なので、ややこしいセッティングもほぼ終わったので、この弦でしばらく弾いてみることにします。

| | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »