« May 2005 | Main | July 2005 »

ライブ前日は調布の花火

KBBのライブ、7/24の前日に多摩川沿いのスタジオでリハをする予定なのだが、
どうも、その日は調布の花火らしい。
しかも、リハが終わってスタジオから出てくるとちょうど上がる頃。
景気づけに観てから帰るかな。
(だって、周辺の道は混んじゃって、というか通行止めになっちゃうからどうせ帰れないかも?)
調布の花火は昔KBBのTsuboyさんと一緒にバイトしていた花火屋さんが
やっているので、ひときわ思い入れの深い大会です。尺玉百連発が有名。
天気だと良いなあ。。。

| | TrackBack (0)

トラスロッド直った

 僕のメインベースはwarwickのthumb bass(thru 5-strings)なのだが、
数週間前から、突然ある特定の音程を弾くと、「ビーン」と楽器が変な共鳴をするようになった。
最初は弦がビビっているのかと思ったのだがどうも違う。。。
で、よく調べてみると、どうもネックの中が鳴っている。
試しにトラスロッドをちょっと回してみたら、鳴る音程が変わった。

げげっ。。ロッドが共振しとる?
コレはヤバイ。直せそうにないかも。

と思っていながら、色々調べてたら、warwickの本国のHPにあるマニュアルには、
Original Removable Truss Rod: This can be found on models made in the 1980’s through some as late as 1998.
と書いてある。僕のthumb bassは1995年製なのでこれが当てはまる。
・・・・「Removable」????
外れるの?トラスロッドが?ホント?

ウソだろ、と思いながら、なにせトラスロッドだけに慎重に色々いじっていたら、

truss

外れるじゃん!おおーっっ!
で、原因を探ると、どうもトラスロッドのアルミ棒2本を束ねる役割をしている金属の四角いナットが、
本来のヘッド側の位置からいつの間にかボディー側にすべり落ちてしまって、
そこで共振していた様子。
元の位置に戻して組み直したら、あっさり直りました。
いやはや、ライブ前に元気なベースに戻って良かったぁ。

調べたところ1998年まで製造の機種にしか通用せず、しかも年代によってロッドを
回す向きが違うのでよっぽど注意しないとロッドを破損する可能性があるので
いじろうとする人は気をつけましょう。
基本は、ロッドがゆるむ方向(ロッドを回すと弦のチューニングが下がる方向)に
数回回して、ネジがゆるゆるな状態になったらそっと引き出すと外れます。

ちなみに先日悩んでいた弦の問題は、近所で売っていたRoto Soundのニッケル弦が
まあまあ良かったのでそれで現在お試し中。ちょっと3〜4弦のテンションが柔らかいのと、
ダダリオよりも出力レベルが1〜2dB下がるけど音質のバランスはさほど悪くない。
これで本番まで行くか、他も試すか・・・ウウム。

| | TrackBack (0)

ミュージカル・バトン

ただいまスペイン旅行中のしおさんから
ご指名を受けたのでやってみます。

ミュージカルバトン
http://d.hatena.ne.jp/keyword/Musical%20Baton

要は以下の質問に答えて5人に回せ、という不幸の手紙音楽版(笑)。

1.コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

全部ひっくるめて約1TB(=約1000GB)。
仕事柄24bitのwavファイルが多いからね〜。

2.今聞いている曲

KBBのライブアルバム(リリース予定)。チェック中。

3.最後に買ったCD

仕事柄、知り合いやお客さんの凄い演奏を目の前で聞くことが日常なので
ここ何年もCDを買っていない。っていうかいつ買ったのかも覚えていない。。。

4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

最近聞くもの

・d.n.a. / Pochakaite Malko
・I'm not here (Live version) / KBB
・Long Prayer / Plug+Daisy
・Schwarz Nacht / Kirche
・Feel / Dinky-Di

夜中に酔っぱらったら、上記の(自分で混ぜた)曲を聞いていることが多いかな。
いろんなチェックをしながら自己満足と自己反省の日々。。。

5.バトンを渡す5人

さてさて、

・妙 さん
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=206791
・midori さん
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=269393
・ドラマ〜陽 さん
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=220159
 同じユニット内のメンバーが何を書くのか面白そう。

・YTK-P0924 さん
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=356622
ギターキッズな感じなので何を書くのか楽しみ。

・睡魔 さん
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=755995
写真との関連性が楽しみ〜。

のみなさんにお渡しします。

はてさて・・・

| | TrackBack (1)

Discontinued Strings

KBBの某曲名ではなくて・・・
だいぶ前に判明したのだけど、僕がここ数年好んで使っていた、
D'addarioのSlowWoundという5弦用ベース弦が製造中止になって困ったというお話し
sw3000-5

コレね(SW3000-5)。

結構あちこちの楽器屋さんを走り回って探したのだが見つからず、
とうとう手持ちの分も無くなったので、仕方なく違う弦を7月のKBBライブに向けて
張り替えることにしたのだがこれが結構な問題になっている。

僕の必要な弦の条件は
・5弦で、ゲージが 045-065-085-105-130
  意外とこのゲージを売っているメーカーが少ない。
  ギターで言えば009-046みたいな、高音弦は細めで低音弦は太めなんだけど。
  まず5弦が125ってのが多いんだよね。
  125だと、普通のロングスケール(僕のはWarwick Thumb5st)だとベロベロした感じがする。
  で、3弦4弦も080-100とかだとそんな印象。だから上記のゲージだと、
  1弦から5弦まで比較的テンション感が揃うので弾きやすいと思っている。

・出来れば5弦はテーパード
  ボールエンドに向けて細くなっているやつ。
  実はWarwickのブリッジって致命的な欠陥があって、普通の5弦だと太くてはまらないの(笑)。
  実は、メーカーのサイトにもその問題は書いてあって、
  「解決するには2つの方法がある。1つは弦をプライヤーで挟んで細くすること。
   もう1つはブリッジをヤスリで削って広げることだ」
  なんて大いばりで書いてあるのよ。おいおい。その前にメーカーで改善しろよ〜。
  とは言ってもしょうがないので、とうとう今回ヤスリで広げる作戦で改造したので
  この問題は解決した。

で、じゃあ代わりに何の弦を張ろうかな、と思って楽器屋に行くと、
D'addarioの普通の弦(Nickel Wound)には上記のゲージがない!
5弦だと全部細い(EXL160-5)か太い(EXL170-5)かになっちゃって、
ちょうど良いゲージの4弦(EXL165)にバラで130の弦を買うしかないのね。
ちょっと割高だなぁ、と思っていたら、

新製品「PRO STEELS」というのが出てて、それにはEPS165-5というぴったりの弦がある。
しかもそんなに高くない!
「非常に明るく、しかも刺々しさのないサウンド」を実現した究極のスチール・ベース弦
とか書いてあるし。。。
というわけで購入して張ってみた。
ハジメの印象は「おっ!確かに明るい!でも低音もしっかりしてる!」。
いわゆるドンシャリ系というか、MIDに相当する2倍音、3倍音が
比較的押さえられてて、その分基音と高次倍音がたっぷりの、
楽器としてはなかなかツボを押さえた弦です。
で、2〜3日弾いてみたのですが、「・・・・この弦、弾きにくいよ」。
なんだか、表面がかなりざらざらしていて、やたら指が引っかかるのです。
まるでヤスリで指の皮を削っているような。。。
今まで弾けているフレーズも、あぁ引かっかる。アレ?アレ?というわけでまともな
演奏が出来ない。
ダメじゃん、コレ。というわけで断念。

と言うわけで、まだ3日しか経ってないのに(ベース弦は高いのよ)、
上記のノーマルのセット(4弦とバラの130)に張り替えてみたら、
「おっ!これは弾きやすい!やっぱりこっちか!」
と思ったのですが、今度は、「アレ?基音がスカスカやんけ」。
普通のジャズベとかだとちょうど良いのかも?
でもWarwickのベースはタダでさえ中域の出てくるベースですから、どっしり感が全く無くなっちゃう。
この弦は結構みんな使ってるし、悪いわけではないんだけどBassとの相性もあるのかな。
高域のブライトな感じはEQである程度何とかなるから良いんだけど、
基音が弱くて2倍音3倍音が強い、というのはEQでは処理しにくいんだよね。

今まで張っていたSlowWound弦は、手触りは普通になめらかなのに、
基音と倍音の構成がしっかりしていたのだと張り替えてみて初めて気づいた。

さあ困ったぞ。ライブまでそんなにヒマもないし。
「手触りは普通、基音がしっかりしている045-065-085-105-130のニッケル弦!」
これを探すのは難しそうだ。。。値段が高ければ良いというワケでもなさそうだし。

ちょっとWebで調べたら有名なアーニーボールやDRには該当ゲージが無い・・・
またマイナーなメーカーの弦を選ぶと入手に苦労しそうだしなぁ。うーん。
せめて参考になるような弦の比較サイトでもあるかなと思ったら見つからないし。

とりあえずゲージが一致するのは
 RotoSound(ステンレスの在庫は多いけどニッケルはあまり店頭で見ない)
 ELIXER(高いしコーティングってどうなの?)
 Sadowsky(これも高い)
 Ken Smith BURNERS(ちょっと気になる)
 Hartke(弦もあるんだ!)
 galli strings(コーティングなのに安いイタリアの弦?ホント?)
 Spector(高いなぁ)
 InnerWood頑固弦(東京じゃイケベ渋谷でしか売ってないし)
ぐらい。たくさんありそうで、実は一つの楽器屋に行っても
きっと上記の1つか2つしかなさそうなレアなラインナップ。

う〜ん、不安だ。とりあえず休みを見つけて楽器屋巡り&散財するしかなさそうだ。

| | TrackBack (0)

オリーブオイル入荷!

やっと、長いこと品切れになっていたサルトスのオリーブオイルが某Webショップに入荷したので
速攻で10本近く購入。(ウチでは半年分ぐらいかな?)
ついでにサルトスのオリーブも「残り在庫2個」だったので買い占めてみました。楽しみだ〜。

ウチでは先月からサルトスの在庫が切れていて、
仕方なく比較的近い味のプラネタ(シチリアで、革新的なワインを
作っている有名な女性オーナーのワインメーカ)のオイルで
代用してたのですが・・・
僕の料理はかなりオリーブオイルの味に依存してるので、
「濃くてハッキリとした青草の、というかルッコラの香りの」サルトスがないと
イマイチ気の抜けた感じになってしまうのです。
(とはいえ全ての油を高いオリーブオイルにするととんでもないことになるので、
  揚げ物や加熱する系は安めの普通のオリーブオイルを使ってます)

数年前まではテヌータ・サン・グイード(サッシカイア)やオルネライアのオイルも2千円台前半で
買えたりしたのだけれど最近は値段が高くてね〜。
(両方トスカーナの青草ハッキリ系だがサン・グイードは濃いめ、オルネライアは
 それより濃くない代わりにフレッシュな青草の香りが強い)
サン・グイードのオイルはイタリアに行くと10〜15ユーロで売っていたから、
こっちで買うと結構割高に感じてしまう。(最も、テヌータ・サン・グイードは
もともとサッシカイアのメーカーというよりも本来はオリーブや馬の農場らしいから、
かなり一般的な「ちょっと美味しいオイル」で、日本みたいに「サッシカイアのオイル」
という高級ブランド的見方はしてないんだと思う)

そういえば最近よくWebやデパートで見る、冷凍のオリーブオイル「ノヴィジオ」も日本だと
異様に高い。現地では250mlで10ユーロ以下、500mlでも15ユーロ前後ぐらいだったと思う。
(フィレンツェで250mlを買って試した覚えがある)
確かにフレッシュなんだけど、それだけであまり騒ぐほど風味豊かな感じは無く、
あまり魅力を感じなかった覚えがあります。日本だと約3倍のお値段。。。

それだったら冷凍じゃないけれど、あのDHCが販売している、ヌニェス・デ・プラドの方が
安い上に圧倒的にフレッシュでミルキーな味がすると思う。
DHCのオイルはなんだかどうなの?(だって健康食品メーカの印象が強いから)と思うけど、
実は値段と品質を考えるとすごく安くて良い品。
ヌニェス・デ・プラドはフレッシュ&ミルキー系では、他になかなか見つからない良い品だし、
華やかでしっかりした系だとオロ・デ・ヘナベも侮れない。
僕の高級オリーブオイル値段基準である、「500mlで2000円以内」にちゃんとはまってるしね。
(その範囲内で一番気に入ってるのがサルトスなんです。もっと華麗なオイルは
 いっぱいあるのだけど高すぎると思う。)

そういえば「サイゼリア」店内にあるオイル(販売もしている)も、
かなり「南イタリア〜!」な感じ(濃くてまったり系)で、実はとってもお得。ナポリ周辺かな?
フォッカチオ(100円)に、そのオリーブオイルをつけて食べてるだけで結構シアワセ。

そういえば、化粧品のオリーブオイルって高すぎるよね。
超最高級の食用オリーブオイルの10倍ぐらいのお値段するんですけど。。。
その辺の食用高級オリーブオイルを塗っておいた方がきっと良いんでは無かろうか?なにか違うの(笑)?

| | TrackBack (0)

類い希なる・・・

「なんでベースの音を突然変えたんだっ?さっきの状態に戻せっ!」
今日、某ライブハウスでPAオペをしていたのだが、ライブの後半になっていきなり
ベーシストがPA席にどなりこんでいらっしゃいました。
(いきなりケンカ腰はやめようね。と思いながら)

僕「えっ?何もいじってないですよ・・・」

まあ、こんなことはたまにある話しですので
そんなに驚かずに対処したのですが・・・

「類い希なる」というのはその原因。

通常、ライブPAではお客さんが入っていない状態(リハーサル時)では、
客席側からの反射音がたくさんステージに届いてきて、
ステージ上での音はもわもわしてて演奏しづらい場合が多い。

で、本番になってお客さんが入ると、
お客さんによって反射音が吸収されて「すっきり」する場合がほとんど。
(なので、リハ時に心配なときはメインスピーカーの音量を試しに下げてみて
 本番時にこんな感じになるかも?と確認したりする場合もある。)

ところが今日はこのライブ、貸し切りのイベントで、あるJazzVocalのスクールの発表会だったので、
リハの時からず〜っと、客席側は生徒さん数十人が「ざわざわ」といろんなおしゃべりをしている状態。
そして本番中も、お客さんも生徒さんも混じってずーっと「ざわざわ」と騒がしかったのです。

で、ライブ後半になってスクールの先生の出番になったとたん、
(さすがに先生のお手本はちゃんと聞かないと失礼なのだろう)
客席が「ぴたっ」と静かになったのです。

そうしたら、
いままでは客席側からの反射音は、その観客の「ざわざわ」にかき消されていたのに、
とたんに客席から反射音が聞こえてきた。。。。
→ベーシストはPAの人が急に音を変えたんだと勘違いした

というわけで、僕の所に血相変えて怒鳴り込んできたわけです。

いやはや、僕も初めての経験でした。
本番後半になって、お客さんの影響で急に「もわもわ」するケース。通常と逆ですわ。

え〜、ベーシストの方はその時はたいそうお怒りな様子でしたが、
ライブ終了後に事情を説明すると、
なるほど、と言う感じで結局笑顔でおたがい「お疲れ様でした〜」
と言って帰っていきました。ヨカッタ。。。

しかし、こういった場合PAは対処の方法が無いよなぁ。
(今日はJazzで、モニターからはほとんど何も返さないPAだったため、特に影響が大きかった)

お客さんが静かになったからって客席側の音を変えるわけにもいかないし。
(そうしたらお客さんの聞く音のバランスが変わっちゃう)

でも急に演奏しづらくなるのも確かだし。。。どうしたらよいのだろう?
お客さんが静まったら急に壁から吸音材がせり出してくるとか(笑)。無理だ。

| | TrackBack (0)

Mac OS X 焦った〜

先ほど突然メインマシン(Web,Mail,その他用)のiBookG4が、QuickTime7をインストールしたら、
マシン自体立ち上がるのだがブラウザ(Safari)やMailなどが
全く立ち上がらなくなってメチャクチャ焦った。
メールも出来ないとなると仕事もままならない。。。
で、色々と試行錯誤して(IEは立ち上がるのが救い)、QuickTimeを6.5.2に戻す→ダメ。
で、OS 10.3.9ComboをAppleからダウンロードして再インストールして復活。
(上記試行錯誤に至るまでセーフモードブートやfsckなど2時間近く色々と試した・・・)

いやはや、10.1から上書きできてるし、そろそろHDDも心配なので、
こんど10.4Tigerはちゃんと新規インストールしてみようかなぁ。大変そうだなぁ。

そんなわけで不意の寝不足です。やられました。

| | TrackBack (0)

グリーンオリーブ

今日は美味しいオリーブの実のお話。
日本で出回っているオリーブの実って、固かったり、渋かったり、味が無かったりで、
イマイチな物が多いと思っていました。
で、やっとたどり着いたのが、
FRESCHI DALL'ORTO
のグリーンオリーブ。トスカーナ産(瓶にはOLIVE VERDI alla Toscanaと書いてある)。
見た目には普通の瓶詰めオリーブなんですが、上記の条件全てに反する、
「ソフトで、渋くなく、でも味がちゃんとする」オリーブです。
(ちなみに、自力で見つけたのではなく、厚木にある美味しいイタリアンレストランの
 スタッフからこっそり教えてもらいました)

輸入元は讃陽食品工業。www.so-food.com
でも、Webには詳しいことは載っていません。

2種類ラインナップがあり、「大きなグリーンオリーブ」と「普通のグリーンオリーブ」と
ありますが、どちらも美味しいです。「普通」の方が柔らかくて繊細な味がするのでまずは
そちらをおすすめ。
身近なところでは、「普通」の方は伊勢丹各店で、「大きな」の方は多摩地区で
結構デパート等に入っている輸入食材&コーヒー屋、「カルディコーヒーファーム」で
手に入ります。
ちなみに、「大きな」の方にも、瓶の中にいくつか「普通の」サイズのオリーブが帳尻あわせで(笑)
入っているので初めての人はそっちを買うと両方味見できます。

で、次に僕が目をつけているのは、

http://www.oleaclicca.com/product/olives_sartos.html

コレ。
やっぱり、ウチで指名買いのオリーブオイルの生産者が作るオリーブですから、非常に気になる。
来週にでも通販しようかな。でも高いなぁ。。。うむむ

| | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »