« レコーディングのペース&ルッコラ | Main | グリーンオリーブ »

カルヴァドス

最近、カルヴァドスにはまっている。
と言っても、銘柄がどうのこうの、といったマニアックなハマリ方ではなくて、
単純に寝酒として香りが芳醇で気持ちいいだけなのだけですが。

ウチの晩酌パターンは主に、
1.スタートはビール(ドイツから輸入されている「芳醇物語」←日本のビールに比べて
  とても濃厚で旨い上に、発泡酒並みに安い。タダ、日本のビールに比べると
  魚介との相性最悪)

2.料理に合わせてワインか日本酒。
    肉系→合う感じの赤ワイン
    和食サカナ系→日本酒。定番は「大山」特別純米
    洋食サカナ系→スパークリング系のワイン
    こってり洋食サカナ系→カリフォルニアの白(CaleraとかFoxenとか)

3.寝酒
    グラッパかカルヴァドス、もしくはバーボン

というパターンで毎日が過ぎていくのですが、
寝酒に比較的コストパフォーマンスが良いのがカルヴァドスなんですね。
(カルヴァドスはフランスの、リンゴから作ったブランデー)
そりゃ、美味しいコニャックがあれば良いんでしょうが、高いのよ〜。
なので、まだまだカルヴァドス入門状態なのですが、いろいろ買って試しています。
750mlボトルで2500円以内が目安。
問題は近所だとあまり売ってないこと。マイナーなお酒なのね〜。

ちなみにグラッパはイタリアのブランデーですが、日本で流通しているのは
高級品ばっかりなのであまり飲めません。
ホントはボトルで1000円以内の荒っぽいグラッパ(向こうじゃ普通に、Barでグラス2〜3Euroで
食後酒として楽しまれている)が手にはいると良いのですが・・・

|

« レコーディングのペース&ルッコラ | Main | グリーンオリーブ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50778/4349079

Listed below are links to weblogs that reference カルヴァドス:

» カルヴァドス [世界の食文化]
カルヴァドスカルヴァドス (Calvados) は、フランスのノルマンディー|ノルマンディー地方北部で造られる、リンゴ|林檎のブランデー、すなわち林檎を原料とした蒸留酒である。殆どのフランス産ワインと同様に、AOC(原産地呼称規制)の対象である。「カルヴァドスAC」(Appellation Calv...... [Read More]

Tracked on July 10, 2005 at 07:55 AM

« レコーディングのペース&ルッコラ | Main | グリーンオリーブ »