« December 2004 | Main | March 2005 »

美味しいパスタ

しばらく前(と言っても2年前ぐらいか・・・)に、「パスタってどこのが美味しいんだろう?」
と思って、身近に手に入るパスタを色々買ってきて一気に茹でて食べ比べたことがあります。
(全て、1.4〜1.5mmのロングパスタ、いわゆる「スパゲッティーニ」もしくは「フェデリーニ」と
 いうヤツで比較しました)
各メーカーのを数本ずつ、いろんな色の木綿糸でハジを縛ってマーキングし、
一応ブラインドっぽくして試した結果・・・
点数は大体ですが。

パスタはブロンズ系と、テフロン系でだいぶ傾向が違うので別々に評価しました。
(ブロンズとテフロンは、パスタを押し出す時の金型の材質。
  旧来のブロンズは表面がざらざらに、新型のテフロンはつるつるになる。)

###ブロンズダイス系(表面ざらざら系。ソースとの絡みが良い。基本は淡泊な小麦のうまさ)

1位 ラティーニ・セナトーレ・カッペリ 95点
      とにかく旨い。小麦の味がしっかりしていて、バランス良し。
      同じ太さでも他のメーカーと比べて、鍋に入れたときの弾力からして違う。
      「芯ありすぎ?」ぐらいのゆで加減が最高。
      アルデンテの時間は短く、ちょっとのんびりしていると急にまずくなるが、
      ちょうど良いゆで加減の状態でのうまさはダントツ!
2位 ラティーニ(ノーマル) 93点
      1位に比べると、味のスケールがほんの若干小さいが、
      よく比べないと判らないぐらいの差。
      1位共々、他のパスタには見られないぐらいのソースとの絡みがあり、
      アルデンテの2歩手前でソースの鍋に移して和えていくと、
      他のパスタでは起こりえないような、「ソースとの融合」が起こるのが特徴。
      (他メーカーのパスタの場合、セモリナ粉を小さじ1杯、ソースの鍋に入れて和えると
       似た状態になる)
3位 マルテッリ 91点
      味がしっかりしている。総合点でかなり良い。手作り感にあふれていて、
      ラティーニの絡み具合に近い。
4位 ジュゼッペ・コッコ 90点
      マルテッリよりは「手作り感」は無いが、味と、表面の感じや茹で特性はすばらしい。
      ちょっと上品な感じ。
5位 ディチェコ 89点
      良く安く売られているのに、とっても良いと言うことを再認識。
      ラティーニに比べるとアルデンテが長く続くので、ゆで加減に自信がない、
      もしくは食べるのが遅い場合はおすすめ。コストパフォーマンスはすばらしい。
      ブロンズ系のパスタの、「良いお手本」だと思う。
6位 スピガドーロ 85点
      ブロンズ系の良さを生かし切れてない印象。
      まずくはないんだが、「うまい!」とも思わなかった。
7位 ヴォイエロ 81点
      表面の感じはディチェコよりもがんばって「ブロンズ系」なんだけど、
      肝心の小麦の味が薄すぎる。あまりに淡泊で、正直言って「味しないじゃん」と思った。
      幻のパスタとして宣伝しているが果たしてどうなんでしょうか?
      ソースの味を重視するなら良いのかも知れないが、
      私はパスタを、「ソースの味はシンプルに、小麦の味を活かして」と思っているので
      単純に好みに合わなかったのかも。


###テフロンダイズ系(表面つるつる系。もっちり感が特徴)
1位 アントニオ・アマート 93点
      テフロン系の特徴である、「もっちり感」がとにかく濃い!
      小麦の味も濃く、テフロン好きにはたまらない濃さでしょう。
2位 バリラ・セレシオネ・オロ・シェフ 90点
      下記のノーマルバージョンに比べ、一回り「味を濃くして、しかも
      嫌みじゃなく洗練した」という印象
3位 バリラ(ノーマル) 88点
      コストパフォーマンス高い!もっちり感も豊富だし、何よりも
      ゆで加減に寛容。ちょっとのびても、「もちもち」している。
      さすがイタリアNo1シェア(実際、イタリアのスーパーではバリラの販売面積はスゴイ。
      棚一面真っ青なスーパを何軒も見かけた)
4位 ブイトーニ 86点
     ま、悪くはない、と言う感じだが、最近は同価格隊でバリラが買えるので・・・と言う程度。

と言う結果をふまえ、ただいまウチでは、
  普段のメイン ラティーニ(ノーマル)
  贅沢 ラティーニ・セナトーレ・カッペリ
  もちもちが食べたいとき アントニオ・アマート
となっております。(基本的にブロンズが好き)
あと、ラティーニに無い、
手に入りにくい種類のものは基本的にディチェコ。(カッペリーニとか。)

お値段を考えると、ディチェコ(つるつる系が好きな場合はバリラ)が
最近はとってもお買い得(しかもかなりオイシイ)、と思います。

最近はドン・アルフォンソ(ミシュラン3つ★系)など、どえらい高いパスタも出ていますが、
そんな高いとちょっと手が出ませんね。
他にもいくつか試したいのですが・・・

| | TrackBack (0)

たっぷりって?

数日前に見たのだが、どこかの自販機の缶コーヒーに、
「エスプレッソ・マッキアート  ミルクたっぷり」
って書いてあった。。。おいおい。
それって、「減塩味噌  塩分たっぷり」と一緒だぞ。

しかし、どこのメーカーの缶コーヒーだったか思い出せないのが悔しい。

| | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | March 2005 »